この Santa Run というイベントは世界各国で行われていますが、日本で開催している Santa Run は参加者がサンタクロースの衣装を身にまとい、開催場内をランニングまたはウォーキングするというイベントに参加するだけで、参加費が病気と闘う子どもたちへのクリスマスプレゼントになる、チャリティイベントです。
クリスマスプレゼントは、後日私どもスタッフが相模原市内の病院や施設に直接お届けをします。
2009年より大阪で開催されており、参加者も昨年は5000人を超え、現在では北海道、愛知県、愛媛県、福岡県、長崎県、沖縄県で開催、年々広がりを見せております。
今回、相模原での開催が関東圏で初めての Santa Run となります。

サンタランとは

参加費
協賛金
​寄付金

サンタクロース衣装代

イベント運営費など

児童養護施設の子ども達

​病気と闘う子ども達への

​プレゼント代

チャリティのスタイルを「子どもたちにプレゼントを1つずつ直接届ける」ようにしたのは、「チャリティはできるだけわかりやすい形にしたい」という大阪代表発起人の強い希望のもと、病院や施設のスタッフ方にも負担がかかる為、細かな調整が必要なのですが、このスタイルが何より子どもたちに大好評なので、サンタラン定番の形としています。
「寄付やチャリティへの敷居をもっと低くしたい」
「そして、子どもの病気への理解、家族を支える仕組みの充実、何より、誰かの役に立ちたいと思っている優しい人が、こんなに周りに沢山いるのだということを知ってほしい。」という大阪グレートサンタランの想いにとても共感し、神奈川でも引き継いでいくことを決めました!チャリティ・マインドを広げる使命のもと、外見だけでなく、気がつけば身も心もサンタさんになっている!会場にいる全員が本当のサンタさんなんだ!と「思いやりの連鎖・笑顔の連鎖・優しさの連鎖」を起こし、温かく優しい心の輪が広がっていくことを願っています。
 

誰もが楽しみながら参加できるチャリティイベント活動を広げ、

日本中にサンタさんを増やす

Japan Santa Challengeに取り組んでいます。

日本は大阪を筆頭に各地に発生した「サンタ・ラン」。

​各地それぞれの地域色があり、

どれも違った楽しさがあります。

クリスマスの言葉に目を背ける 『サンタさんはいない』

そんな子ども達に届けたい。

​『メリークリスマス』の温かい言葉と笑顔を・・・

Kanagawa Great Santa Run 結成のきっかけ

​「病気と闘う子ども達や児童養護施設にいる子ども達にクリスマスプレゼントを笑顔とともに届けたい。」

クリスマスが近づくにつれて寂しさを感じ、「クリスマスが無くなればいい。」と、今まで笑顔になれなかった子供たちに

プレゼントを持って会いにいきます。

難病や大きな病と闘う子どもたちと同じように、家庭環境が厳しかったり、様々な事情でサンタになるべき人がいない、そのような子どもたちもいます。そして彼らも、誰にも気付かれず、小さいながらに闘っています。

「どんプレゼントでも、クリスマスにサンタさんが会いに来る」たったそれだけのことが、今までサンタさんが訪れなかった小さい子どもにとっては大きな出来事なのです。

​昨年、神奈川県相模原市内では忘れられない、忘れてはいけない悲しい事件が障がい者施設で起きてしまい、被害者やご親族の方々はもちろんですが、同じように母子生活支援施設や児童養護施設、病院で過ごす子どもたちはどんな気持ちなんだろう、どんな思いで過ごしているんだろう、恐怖心や不安感など、一言では言い表せない心情であろう子どもたち一人ひとりに、少しでも希望や勇気を与えたい、だからこそ Santa Run を神奈川県相模原市で開催し、施設、病院内でクリスマスを迎える子どもたちに私どもがサンタクロースとしてプレゼントを渡し、笑顔と元気を届けたい、そして、相模原を前向きなイメージに変えていきたいと考え、開催する運びとなりました。

​Kanagawa Great Santa Run  

実行委員  代表 星川彩香

~相模原からのスタート~